20代女性の薄毛対策

20代女性の薄毛対策

20代の女性に多い薄毛

薄毛と言えば加齢と共に現れる症状と思っている方も多いのですが、最近では20代と言う若さで薄毛に悩まされている女性がたくさん居ます。女性の薄毛は男性に比べると、気づくのがどうしても遅くなるので注意が必要です。多くの女性が悩んでいる症状は「びまん性脱毛症」が殆どで、男性の様に特定部分が薄くならず、全体的に髪の毛のボリュームが減っていくので、気づいた時には深刻な状況になっていると言う場合が非常に多いです。ですから、自分は大丈夫と判断せずに、少しでも抜け毛などに不安を感じたら、まずは専門の医師に相談する事をおすすめします。女性の薄毛は早期対策で必ず改善しますが、治療などの対策が送れると改善しない場合があります。

 

 

 

FAGA(女性男性型脱毛症)とは

FAGAと言う言葉を知っている方は少ないと思います。FAGAとは男性で言うAGA(男性型脱毛症)の女性版です。殆どの男性の薄毛はAGAが原因です。AGAとは、男性ホルモンTH(テストステロン)が5αリダクターゼ(還元酵素)に反応してDHT(ジヒドロテストステロン)が大量発生する事で起こる薄毛の症状なのです。DHTは髪の毛の成長を妨げ、毛周期を狂わせて、髪の毛が成長しなくなり、どんどん髪の毛が抜け落ちて最終的に薄毛にさせてしまう恐ろしい男性ホルモンなのです。FAGAは女性ホルモンの分泌量が低下して、男性ホルモンが優位に立つ事で起こってしまいます。女性の髪の毛は「エストロゲン」と言う女性ホルモンが重要で、エストロゲンが不足すると髪の毛は成長しなくなってしまいます。そして、男性ホルモンが発毛・育毛の邪魔をして薄毛になってしまうのです。男性の体内に女性ホルモンがあるように、女性にも男性ホルモンがあります。だから、このよう症状が起こってしまうのです。

 

女性ホルモンの分泌量はなぜ低下するの?

女性ホルモンの分泌量が低下する理由はさまざまですが、一般的な原因や、気をつけるべき事をご説明いたします。女性ホルモンの分泌量が低下する主な原因は「ホルモンバランスの崩れ」です。女性の体は非常にデリケートにできているので、無理をするとすぐにホルモンバランスが乱れてしまいます。ですから、普段何気なく行っている行動も実は抜け毛や薄毛の原因になっている可能性も十分にあるのです。エストロゲンは女性らしい体を作ったり妊娠時には必要不可欠な女性ホルモンで、髪の毛の発毛や育毛にも大きく関わっています。

 

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れはホルモンバランスを乱してしまいます。特に注意してほしいのが食生活です。食生活は非常に重要で、髪の毛に必要な栄養素を十分に摂取する必要があるのです。毎日何気に摂っている食事も、しっかりと栄養バランスの整った食事にする事で髪の毛に必要な栄養素が摂取できるので髪の毛の成長にとても良いのです。食生活の乱れは肥満になったり、栄養不足、血行不良の原因になったりします、血行不良は髪の毛にとって大敵で、血液の流れが悪くなると、髪の毛の成長は著しく低下してしまいます。その理由は、髪の毛に必要な栄養素を血液が運んでいるからです。ですから、毎日の食事はなるべく外食などを減らして、しっかりと栄養バランスのとれた食事を摂るようにしてください。

 

ストレス

ストレスはホルモンバランスを乱してしまい、髪の毛の成長に悪影響になります。人間の血管には自律神経が分布されていて、交感神経と副交感神経から成り立っています。そのうちの交感神経がストレスに反応してしまうのです。交感神経は血管を収縮させる働きがあるので、血行不良の原因になってしまうのです。血行不良は上記でも述べましたが髪の毛の成長を著しく低下させてしまいます。ストレスが溜まると「ハゲる」と聞いた事があると思いますが、これは交感神経が返納して血管を収縮させてしまうからなのです。

 

睡眠不足

睡眠不足もホルモンバランスを乱し、髪の毛の成長を妨げてしまいます。そもそも髪の毛の成長は私達が寝ている間に行われているのです。時間帯は22時頃からと言われていて、時間にして約4時間程と言われています。ですから夜更かしは髪の毛の成長を妨げてしまう事になり、睡眠不足はストレスの原因になったり、結果的に血行不良の原因になり髪の毛は抜け落ちてしまうのです。

 

妊娠・出産

女性に摂とってとても重要な女性ホルモンがエストロゲンです。このエストロゲンは髪の毛の成長にももちろん大事なのですが、妊娠時から出産までにもとても重要な女性ホルモンになります。女性は妊娠をするとエストロゲンの分泌が急激に増加します。エストロゲンは妊娠を継続させる為に胎児の成長に合わせて子宮を大きくさせたり母乳を作る為の乳腺を発達させたりする働きをします。そしてもう1つのプロゲステロンと言う女性ホルモンも胎盤がある程度成長すると双方共に胎盤から分泌されるようになり、出産直全までは増加傾向にあります。そして出産と同時に双方の女性ホルモンが急激に減少するのでホルモンバランスが大きく乱れる事になります。この時に急激に抜け毛が増えたり、肌トラブルを起こしたりします。これは、女性ホルモンが正常値よりも下回ってしまう事が原因で起こってしまうのですが、抜け毛が増えるのも一時的なものなのでそれほど心配は要りませんが、稀に元に戻らなくなってしまう場合もあるので、注意が必要です。

 

加齢

女性は加齢と共にホルモンの分泌量が低下してしまいます。これは年齢に逆らう事ができないので仕方がない事なのです。老化と共に女性ホルモンの分泌量が低下し、髪の毛の構造自体が変化していき、繊維化してしまいます。また女性ホルモンの分泌量が低下する事によって髪の毛の成長は著しく低下してしまいます。女性ホルモンは30歳を過ぎた頃から徐々に減少していき、40歳を過ぎるとさらに加速してしまいます。女性ホルモンの分泌量が低下すると男性ホルモンが優位に立つので、自然と抜け毛が増えて薄毛になってしまうのです。

 

遺伝

巷では薄毛の原因の1つとして例に挙げられている遺伝ですが、遺伝が原因で薄毛になっていると言うのは考え辛いのも事実です。と言うのも、遺伝は薄毛が遺伝するのではなくて、薄毛になりやすい体質が遺伝するだけだからです。という事は、毎日しっかりケアしていれば、薄毛になりやすい体質を遺伝で受け継いでいたとしても薄毛にならないという事なのです。日々の生活習慣を規則正しくしていれば、遺伝だけでは薄毛にならないという事です。

 

パーマ・カラー

最近の女性は必ずと言って良いほど美容院で「パーマ・カラー」のいずれかをしています。これらは強い薬品を使用する為頭皮環境が乱れてしまうのです。強い薬品は頭皮や毛根、毛乳頭を傷めてしまうので、頻繁にする事はお勧めできません。なるべくパーマやカラーは避けるようにしてください。それから、シャンプー1つにしても頭皮環境に良い弱酸性のアミノ酸系のシャンプーを使用する事をおすすめします。高級なアルコール系のシャンプーは洗浄力が強く頭皮に悪影響です。

以上が女性ホルモンの分泌量を低下させる主な原因や抜け毛・薄毛になる原因です。どれか1つでも思い当たる節があると言う方は、市販の育毛剤や得体の知れない海外医薬品などに頼るのではなく、まずは薄毛治療を専門で行っている皮膚科などに相談するようにしてください。薄毛対策や治療で一番恐いのが自己判断で解決しようとする事です。治療を開始する、しない、は別にしてまずは専門の医師に相談するべきなのです。薄毛治療は保険適用外なので費用はそれなりに必要になってきますが、「まずは相談」です。すると何か改善方法が見つかる事もあるのです。相談してみて、ただのストレスや睡眠不足と判断された場合は治療を開始する事なく自分の力で改善することだってできるのです。しかし、相談もなしに自己判断で市販の育毛剤などを使用して、薄毛の状態が深刻になってしまう場合もあるのです。ですから、まずは専門の医師に相談をして自分の抜け毛や薄毛の原因を知る事から始めましょう。最近では、無料でカウンセリングをしている皮膚科などもありますので、是非活用するようにしてください。

★女性の薄毛治療を行っている皮膚科★

 

▼ヘアメディカル公式HP▼

 

http://www.hairmedical.com/

 

【おすすめサイト】
女性の薄毛治療.com

ホーム RSS購読